banner

自動車税の扱いについて

中古車オークションと自動車税

中古車オークションで購入する場合に気を付けるべきなのが名義変更です。ただし、前の自動車が抹消登録がされていた自動車であれば、この問題を気にする必要はありません。

中古車オークションであれ個人間の売買であれ自動車屋から購入する場合であれ、いずれの場合でも共通するのが名義変更です。陸運局で名義変更をした後には、都道府県税事務所に対してその名義変更をしたということの申告を行う必要があります。

ここで申告をしなかったり、あるいはそもそも陸運局で名義変更をしていなかったりすると後日トラブルの基になります。

特に名義変更ができていない場合には自動車税の課税先が名義が変更されていないために、車検証上の名義人に課税されてしまいます。

いくら自動車を売ったからと言ってもその自動車の所有者つまり納税義務者は4月1日時点での車検証上の所有者ですから、途中で名義変更をしてもその年度の分は責任を持って支払う必要があります。

一般の自動車の売買でもこうした問題が起きやすいのですが、さらに最近ではインターネットオークションが当たり前のように普及していますから、中古車オークションで自動車を購入する人も増えています。

特に地方ではなかなか手に入りにくい車両をこの中古車オークションで購入する好事家もいて、中には中古車オークション時の取り決めでその自動車を引き取りに来てほしいという条件が付いているような場合であっても、販売者がいるその現地まで引き取りに出かける人もいるぐらいです。

なお、この場合には現地で引き取った後にその地域の市役所などで仮プレートを付けて、自分の家まで乗って帰り、自分の家を所管する地域の陸運局で改めてナンバープレートの交付を受けるといった手続きを取る人もいるぐらいです。

いずれにしても自動車税の課税については、4月1日の所有者にその年度の1年間分が課税されると地方税法上なっているために、年度途中極論4月1日の名義変更の場合には、その1年間分の支払いの義務があることをよく把握しておく必要があります。

関係ないのに納税通知書が来たと言って放置しているのは非常にまずいことで、この自動車税の滞納を続けていると場合によっては財産、銀行預金などの差し押さえを受ける場合もあり得ます。

名義変更が遅れた場合には納税義務者を変えることはできませんから、その年については納税をして、購入者との当事者間でどちらが負担をするのか話をすることができる場合もあります。

Copyright(c) 2014 中古車オークションで購入を考えるときに一番重要なことは何でしょうAll Rights Reserved.